「海辺の恋」…という歌を知っていますか?

  • 2020.10.25 Sunday
  • 10:30

♪こぼれ松葉をかき集め 乙女(おとめ)のごとき君なりき♬

♪こぼれ松葉に火を放ち 童(わらべ)のごとき我なりき♫

 

昭和49年「NHK銀河テレビ小説」『黄色い涙』

 

 

その主題歌が「海辺の恋」なのです。

物悲しく歌うのは・・・小椋佳

https://youtu.be/bnid7StutQs

 

小椋佳・・・その頃人気絶頂だったようですが・・・高校一年生の私は全くその存在すら知りませんでした。

もちろん、あの、井上陽水さえ知りません!

かぐや姫・・・は知っていました。

フォーク?・・・とは無縁の、全く面白みのない毎日を送っていたのでした。

一体、毎日、何を思い、何をして暮らしていたのでしょう?

全く思い出せません。

 

身体が弱いのに、クラブ活動で「グランドホッケー部」に入り、練習についていくのが精いっぱいで、疲れ果てて帰宅すればご飯を食べテレビでも見て寝てしまう毎日だったのでしょう・・・きっと。

 

 

東京教育大学付属高校(筑波大学附属高校)・・・・付属中学校からギリギリセーフで進学した私は、勉強に付いて行けるはずもなく、ただただ授業が終わるのを下を向いて耐え忍ぶ・・・・先生に当てられないようにと「当てないで下さい!!」という負のオーラで身を包んだ緊張感の塊でした。

 

ある日の英語の時間・・・先生に当てられて

・・・しどろもどろになって答えました。

「えぇ〜〜と、・・・×▽▲×??!■◆▽?×××・・・」

自分でも何を言っているのかわかりません。

きっと先生だって「何言っているんだ!お前はー!」・・・と感じたことでしょう。

周りの友達からも「クスクス・・」と笑う声が・・・。

「またやっているよ坂井、バカだなぁ〜」・・・そんな感じでした。

 

やっとのことで答え終わると、すかさず先生。

「うぅ〜〜ん、、、まあ〜、良いでしょう! 良くないけど!」

 

その瞬間、教室は爆笑の渦になりました。

もう、恥ずかしいのなんのって!・・・普通はそうなるのでしょう!

が、私は「やったー! 救われたー!」と思い、みんなと一緒になって自分も他人事の様に大笑いしたのでした。

 

そんな高校時代の自分を振り返ってみると・・・「バカでよかったー! 鈍感でホントによかったー!」・・・と今では懐かしく思うのでした。

 

授業もダメ、クラブ活動もダメ・・・・・

普通だったら不登校に・・・。

それでも・・・なんで学校に通っていたのか・・・??

 

不思議なことに、何故か私は学校が大好きだったのです!

ダメだと言う事にあまり引け目を感じていないというか・・・・きっと「バカ」なんでしょう!

学校に行ったところで、楽しいことなどあまり無かったのに・・・??

行って友達と顔を合わせて何だかボーっとしているのが気が休まったのかもしれません。

兎に角ニコニコ顔で通っていました。

・・・授業中は、地獄でしたが・・・。

今ではもう、懐かしい想い出・・・笑い話のネタです!

 

ボーっとした高校一年生の私が毎日楽しみにしていたNHK銀河テレビ小説「黄色い涙」

小椋佳の歌が何故か心にしみる・・・そんな青春時代の丸顔でした。

 

YouTubeで探しても・・・NHKオンデマンドで探しても・・・

今ではもうあの映像は見当たりません!

 

ならば、・・・と、原作本を探しました!

さすが、Amazon! ありました!

 

 

小椋佳でも聴きながら・・・・

記憶のない青春時代を懐かしもうと思います。

 

あれから46年・・・思いもよらなかった素敵な今を、私は生きている・・・のかな?

・・・そう感じます。

 

みなさん、ありがとう!

 

 

坂井善三商店 公式ホームページ

https://zenzo.tokyo/

 

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM